ACES WIKI
Advertisement
ACES WIKI

アイザック・アレンスキー(Issac Arensky[1])はエストバキアの軍人・政治家である。階級は空軍中将[2]

略歴

アレンスキーは1999年7月8日の小惑星ユリシーズ落着後に設立した軍閥「北部高地派」を率いていた。エストバキア内戦中に東部軍閥の指導者グスタフ・ドヴロニク上級大将と交渉して北部高地派を東部軍閥に併合させ、その後の東部軍閥によるエストバキア内戦勝利に貢献した。内戦後、アレンスキーは新政権の初代外相として活動[2]。しかし内戦終結1ヶ月足らずの11月25日[3]、アレンスキーはエメリア訪問のためザウレク国際空港へ向かう途中にリエース派統一戦線残党の襲撃を受ける。アレンスキーは車外への脱出を試みたところで手りゅう弾の爆発に巻き込まれ重傷、その後12月2日に死亡したが[2]、死亡が公表されたのは翌年の2月3日であった[3]

その他

  • 外交政策を巡りヤコヴ・シューケル首相をはじめとする旧東部軍閥の閣僚たちとの折り合いが悪かった[2]
  • アレンスキーは新政権樹立の立役者としてエストバキアだけではなくエメリアにおいてもその名が知られていた[2]

出典

  1. 英語版ACES at WAR:A HISTORY 2019 p144
  2. 2.0 2.1 2.2 2.3 2.4 ACE COMBAT 6 - 解放への戦火 公式サイト もっと詳しく ACE6 ワールドニュース The Emmerian Chronicle February 5,2014
  3. 3.0 3.1 ACES at WAR:A HISTORY 2019 p144
Advertisement