ACES WIKI

ACES WIKI は移動しました。ここは跡地です。 新しい WIKI は wiki.gg ドメインにホストされています。

もっと見る

ACES WIKI
Advertisement
ACES WIKI
info
この記事のタイトルは公式英語名から独自に推測した日本語表記です。
公式には英語名しか明かされていません。公式の日本語名が判明した場合、タイトルは変更されることがあります。

アンブレラ作戦(Operation Umbrella)は大陸戦争中の2004年9月19日に独立国家連合軍空軍(ISAF空軍)によって行われた、エルジア空軍によるニューフィールド島及びノースポイントへの爆撃を阻止するための迎撃作戦である[1]

名称[]

アンブレラは英語で「傘」。地上軍護衛の同名の空軍部隊からとられた作戦名である[2]

背景[]

ユージア大陸の東海岸まで追い詰められたISAFは司令部を大陸から撤退させることを決定し、2004年9月16日大陸北東の島国ノースポイントに司令部を設置した[3]。しかしこの総司令部はレーダー警戒網に守られていたものの、防空能力が脆弱な「張り子の基地」であった[4]

エルジア軍は戦争に終止符を打つため、ノースポイントへの爆撃を決定。9月19日、エルジア軍の工作員がノースポイントに設置されていた早期警戒レーダーの一部を破壊した。これに連携して大陸北東部のリグリー飛行場からTu-95爆撃機6機の編隊が護衛機を伴って発進し、ニューフィールド島上空を経由しつつノースポイントへ向かうこととなった。

事態を察知したISAFはアレンフォート飛行場及び総司令部防空のため迎撃作戦「アンブレラ作戦」を実行した[1]

作戦の経過[]

ISAFは直ちに現地にF-4E 2機、F-5E 2機を派遣。さらにニューフィールド島の南東を航行していた空母からメビウス1のF-4Eが発艦し、合流した。またアレンフォート飛行場のF-5E 2機もスクランブルに入った。

14時5分、ISAF空軍機の5機はエルジア空軍爆撃機編隊の後ろから攻撃を開始。爆撃機編隊は全機撃墜され、ノースポイントへの爆撃は阻止された[1]

参加兵力[]

ISAF[]

ISAF空軍[]

  • 第118戦術航空隊「メビウス
  • その他飛行隊

エルジア軍[]

エルジア空軍[]

  • グレイ隊
  • 戦闘機部隊

損害[]

ISAF[]

  • 軽微

エルジア軍[]

損害航空機

  • Tu-95爆撃機 6機
  • MiG-21戦闘機 0~2機
  • F-5E戦闘機 0~2機

戦闘の結果[]

ISAF空軍は爆撃を撃墜し、ノースポイントへの爆撃を阻止という作戦目標を達成した[1]。一方エルジア軍はノースポイントへの第2次爆撃作戦のため、リグリー飛行場に再度爆撃機の集結を開始した[5]

また、この作戦は後に大陸戦争終結に貢献したエースパイロットであるメビウス1の初陣でもあった[1]

登場作品[]

ACE COMBAT 04 - shattered skies

出典[]

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 1.4 ACE COMBAT 04 - shattered skies MISSION 01 'SITTING DUCK' 「張り子の基地」
  2. エースコンバット04 シャッタードスカイ パーフェクトガイド p058
  3. ACES at WAR:A HISTORY 2019 p142
  4. ACE COMBAT 04 - shattered skies 公式サイト World
  5. ACE COMBAT 04 - shattered skies MISSION 02 'IMMINENT THREAT' 「喉元のやいば」
Advertisement