日本語版Acepedia準備機構 Wiki
Advertisement
日本語版Acepedia準備機構 Wiki

オーシア連邦(英: Osean Federation)は北オーシア大陸に位置し、同大陸の大部分を占める連邦制国家。資本主義と民主主義を採用しており、また超大国として海外に多くの同盟国を持つ[1]。政治経済のほか軍事や宇宙開発の分野でも大きなプレゼンスを持ち、その勢力は冷戦ベルカ戦争環太平洋戦争を経て拡大し続けてきた。首都はオーレッド[1]

歴史

20世紀以前

バーナを発祥の地とする[2]。16世紀なかばにスタッフォード提督によって第3艦隊が創設された[3]。昔の地図によると、ユークトバニアが大国となる以前からオーシアは大きな領土を持っており、オーレッドも比較的早くから存在していたことがわかる[4]

冷戦前

1900年代初頭までに隣国ベルカと軍拡や領土拡張を競い[5]、1905年から同国とオーシア戦争を戦った。この戦争中にベルカは世界初の空軍を創設し[6]、オーシアもこれを追った可能性があるが、オーシア空軍創設が戦争中であったか戦後であったかは不明。

冷戦とベルカへの介入

詳細は「冷戦」を参照

1980年代からオーシアはユークとの冷戦に突入していき、宇宙開発や軍事技術で熾烈な競争を繰り広げた。とくに二国間の核戦略は相互確証破壊、相殺戦略を経て80年代中にオーシアによって戦略防衛構想が提唱されるまで素早い発展を遂げ、その結果としてオーシアは偵察衛星や攻撃衛星、レーザー兵器などによって大陸間弾道ミサイルへの多層的な迎撃が可能なシステムを構築するに至った[7]

これに対抗するためユークは独自のアーセナルシップ構想に基づきシンファクシ級潜水空母の建造に着手。同級が既存のシステムで対処困難となる可能性が指摘されたため、オーシアでは大気機動宇宙機が構想された[7]。また、戦略防衛構想の一環として、敵ミサイルサイロ破壊などを目的とした大型レールガンを搭載した攻撃衛星 SOLG の設計と建造が90年代初頭から始まった[8]

西にあるユークとの軍拡競争の一方で、オーシアは東側で国境を接するベルカに対して露骨な領土的野心を見せた。ユークにもオーシアにも与することなく独自の戦略兵器開発を続けていたベルカは経済的に衰退の道を辿りつつあり、1987年末にベルカ連邦法が改正されると、オーシア資本は潜在的地下資源が期待されていたベルカ東側諸邦の独立を支援した[9]。それでも経済恐慌が収まらなかったため、ベルカ政府は引き続きオーシアとの協調路線を模索[10]。その結果として、長年両国間で争われている五大湖南北帯をオーシアに割譲する見返りに、両国共同出資で五大湖資源開発公社を設立した上でその配当割合をベルカ優位とする合意がなされた[9]

しかし1991年8月16日[11]、同社の採算割れ隠蔽工作が発覚。オーシアが領土割譲のために資源調査結果を意図的に改ざんした疑惑も生じ、これをもってベルカ国民の対オーシア感情は決定的に悪化した。ベルカで極右政党を中心に全国的な反オーシア・反政権の暴動が展開される中[12]、8月29日に五大湖南北帯と北方諸島はベルカからオーシアへ割譲された[13]

ベルカ戦争

詳細は「ベルカ戦争」を参照

1992年、極右政党ベルカ民主自由党がベルカの政権を掌握[11]。その後、ベルカ連邦から分離独立した東側諸邦のひとつであったウスティオ共和国に莫大な天然資源が発見されると、ベルカ連邦最高裁は連邦法改正を違憲と断定した[10]。1995年3月25日、ベルカはこの最高裁判決を根拠にオーシアを含む周辺国へ侵攻を開始し、ベルカ戦争が始まった。ベルカ軍は緒戦において五大湖南北帯全域とウスティオのほぼ全域を電撃的に奪還し、サピン王国にも深く侵攻した[13]

開戦から1週間後の4月1日、オーシア主導でサピンおよび辛うじて持ちこたえていたウスティオを加えた3カ国によって連合軍が組織され、反攻が開始された。参加時期と軍事的寄与は不明ながら、オーシアとの冷戦下にあったユークトバニアもこれに参加し[14]、これ以降オーシアとユークの関係は急速に改善し冷戦は終結へ向かった。連合軍は4月15日にウスティオへの兵站線である幹線道路171号線を、24日に戦域攻勢作戦計画4101号によってフトゥーロ運河を奪還し、5月13日にウスティオ首都ディレクタスを解放した。4101号においては、オーシア海軍第3艦隊が新鋭空母ケストレルの試験航海も兼ねてウスティオ空軍の上空援護のもとフトゥーロ運河を通過した。

5月13日にベルカ占領地域の解放が完了したが、ベルカの核兵器と大量報復兵器V2の開発計画を入手したことで、連合軍は核査察および資源権益確保のためにベルカ本土へのさらなる進撃を決定した[15]。5月17日に連合軍が要塞化されたハードリアン線を突破してベルカ領内に侵入すると、ベルカは戦略レーザー兵器「エクスキャリバー」を実戦投入し連合軍機に甚大な被害を生じさせたため、連合軍は23日に急遽これを空襲で破壊した。また、連合軍は28日に不可侵条約を一方的に破棄してエリアB7Rに侵攻し、さらに翌月1日に工業都市ホフヌングにて戦略爆撃を実施した。この頃から南ベルカに厭戦気分が広がり、多くの都市が連合軍へ無血開城したため、戦線は急速に南北ベルカの境界をなすバルトライヒ山脈まで前進した[16]

6月5日、連合軍はバルトライヒ山脈南端南側のスーデントールを包囲したまま、その北へ山脈を越えて撤退しようとするベルカ軍部隊を追撃し、そこでバルトライヒの決戦が起こった[9]。しかしベルカは翌日、バルトライヒ山脈に沿って7発のV1核爆弾を起爆し、12000人を超える民間人を犠牲にして連合軍を混乱に陥れた[17]。これにより連合軍の北ベルカ侵攻は頓挫し、20日、南ベルカルーメンにて停戦条約が締結されてベルカ戦争は終結した[18]。停戦条約はオーシア優位の一方的なもので、ベルカ連邦は解体され、南ベルカの全域がノースオーシア州としてオーシア連邦に組み込まれた[19]。この際、南ベルカのスーデントールに所在していた南ベルカ国営兵器産業廠は「ノースオーシア・グランダー社」へと名前を変えてオーシア企業として存続したが、同社はやがてオーシア軍を介して世界に大きな影響を持つ巨大軍事企業となっていった。

国境なき世界の蜂起と戦後テロリズム

ベルカ戦争終戦から半年後、ベルカ軍人を中心とした国際テロ組織「国境なき世界」によるクーデターが発生した。これにはオーシアからも空軍のウィザード隊およびその分遣隊ソーサラー隊が重要メンバーとして参加していた[20][21]。国境なき世界は南ベルカ国営兵器産業廠が開発していた重巡航管制機「フレスベルグ」と北ベルカの発電用ダムを装った弾道ミサイル基地「アヴァロンダム」を接収し、V2の発射を試みたが、いずれも連合軍によって破壊されクーデターは鎮圧された。

国境なき世界のクーデター鎮圧後も、元ベルカ軍人や元オーシア軍人によるオーシア領内でのテロが相次いだ。元ベルカ軍人オズヴァルド・ベイエルマン率いる「暁の鷹」はミューラー信託銀行襲撃事件をはじめオーシア国内外で少なくとも7件のテロ事件を起こした。国境なき世界の中心メンバーだった元ベルカ空軍ゴルト隊のパイロット、イーゴン・ストラウスは武装した8人とともにオーシアのOWC通信社本社を襲撃し、人質と引き換えに収監されたベルカ人135人の解放を要求したが、オーシアの特殊部隊に鎮圧された。さらに、ジョシュア・ブリストーをはじめとする元ウィザード隊の6人は1996年、ユークトバニアとの融和政策に反発し、オーシア大統領の暗殺を試みて失敗した。

ユリシーズと対ユーク協調路線

世界に平和が訪れた 彼らのおかげで それは永久に続くかと思われた
アルベール・ジュネット[22]

ユークトバニアとの融和政策が進む1996年の4月、FCUがユージア大陸への衝突コース上にある小惑星ユリシーズの発見を報じ[23]、ユージア大陸諸国は隕石迎撃を試みるSTN計画を始動した[24]。オーシア、ユークトバニアともにこれに参加する意思はあったものの、ベルカ戦争の戦後復興と戦後補償に集中するため参加を見送ることとなった[7]。一方で、オーシアのオーレッドをはじめとした各都市では被害が予測される地域からの大規模な避難民の受け入れがなされた[25]

二大国が協調路線を歩む一方で、ユージア大陸ではオーシアに接近しようとする南部諸国と、南部諸国に資源を依存する北部諸国の間で緊張が高まっていた。1997年3月以前のどこかの段階で南部諸国はオーシアとの軍事同盟であるスプリング海条約の締結を画策したため、その調印式の日に大陸全土で条約調印に反対するクーデターが勃発し、ユージア同盟軍とクーデター軍の間でユージア大陸紛争に発展した[26]

1999年になると二大国の関係は目に見えて修復し、7月のユリシーズ落着を前に、両国は「ユリシーズ以降」の世界での復興と、軌道上に多く残留するであろう微小隕石群への対応に向けて共に歩み始めた。そして、微小隕石群の除去方法として、オーシアがかつて戦略兵器として構想していた大気機動宇宙機に白羽の矢が立った。かくして、大気機動宇宙機はその設計案にあった船体上下の弾道ミサイル迎撃用レーザーのうち、上部のそれをユーク製の対隕石レーザーに換装され、下部のそれを撤去された「アークバード」として建造されるに至った。大陸戦争で失われたストーンヘンジに代わってアークバードは期待以上の成果を上げ、2008年8月段階で静止軌道の8割を整備した[7]

2002年、オーシアはエメリアなどとともに、国内情勢を理由にエストバキアを戦略物資輸出規制の対象国に指定した[27]

2004年、ビンセント・ハーリングが第48代大統領に就任した。ハーリングはユークのニカノール首相とともに両国間の融和路線を強化し、軍縮と宇宙開発への投資を進め、アークバードへ物資補給などを行うバセット国際宇宙基地マスドライバーをユークと共同で建設した[28]。ハーリングは2008年にも再選され、同年、アークバード上でG7サミットを主催した。同サミットには、ユージア大陸に残る不安定要因を国際協力のもとで解決することを目的に、敵対陣営であったエルジアも(敗戦後の暫定自治政府としてではあるが)招待された。また、そこで出された「アークバード宣言」には CTBT や START2 などの核不拡散努力を続けることや、難民問題解決のための国際的パートナーシップ形成を目指すことなどが盛り込まれた[7]

環太平洋戦争

詳細は「環太平洋戦争」を参照

2010年9月下旬、サンド島沖で多数の所属不明機による領空侵犯と、それに続くオーシア軍と領空侵犯機との戦闘が複数回発生していた。所属不明機は実際にはユーク軍機であり、9月27日にユークトバニアはオーシアとの友好関係を裏切って宣戦布告した。宣戦布告と同時にセントヒューレット軍港への空襲と海上封鎖が行われ、更にその夜にはサンド島基地への空襲があったが、オーシア軍は深刻な被害を受けることなくこれらを撃退した。

9月30日、イーグリン海峡に集結したオーシア第3艦隊の3隻の空母に対し、ユークは潜水空母シンファクシを投入。その散弾ミサイル攻撃により空母3隻中の2隻を撃沈した(ホエールバード作戦)。オーシアはこれに対抗するため、アークバード下部に本来搭載される予定だったレーザーモジュールの計画を復活させ、10月3日にこれを空襲下のバセット宇宙基地から強引に打ち上げた。レーザーモジュールは翌日のユーク軍によるサンド島上陸作戦にシンファクシが出現したことですぐにその有効性を示し、アークバードはサンド島のウォードッグ隊を支援して上陸作戦阻止とシンファクシ撃沈に貢献した。

ユークによる緒戦の攻勢がオーシア軍によって防ぎ切られたことで、10月の間戦争は小康状態であった。10月22日、ハーリング大統領は停戦交渉のためにノースポイントでユークのニカノール首相に会おうとしたが、搭乗していた輸送機マザーグース・ワンが友軍の自動防空システムからの誤射を受けた上に、搭乗者に紛れていたスパイがパイロットを殺害したため、エイカーソン・ヒルに不時着した。ウォードッグ隊は哨戒飛行中にマザーグース・ワンに遭遇し、不時着までこれを護衛していたが、その後現れた8492飛行隊に護衛を引き渡した。しかし、8492飛行隊の実態はベルカ国粋主義者のグループ「灰色の男たち」に属するスパイであり、ハーリングは秘密裏に捕らえられてシュティーア城に監禁されることとなった。また、ほぼ同時期にバセット宇宙基地から打ち上げられたアークバードへの補給物資に爆発物が混入したことで、アークバードは動力部を破壊されて無力化された。これらの出来事により、オーシアとユークの間での停戦の可能性は実質的に絶たれた。

10月末、ハーリングの誘拐とその隠蔽によって実権を握ったアップルルース副大統領らオーシア政府内の好戦派によって、ユークトバニア本土侵攻計画が開始された。10月31日の上陸作戦が成功すると、11月2日に空軍は内地へ撤退を試みるユークの輸送機編隊を追撃した。この追撃作戦中に8492飛行隊はドレスデネの工科大学へ銃撃を行い、電磁妨害によってこれを同空域にいたウォードッグ隊によるものに偽装することに成功した。この工科大学銃撃事件によってオーシアではウォードッグ隊が事情聴取のためオーレッドに召喚されたが、同時にユークはこれに対する報復としてオーレッド近郊のアピート国際空港バーナ市に同時テロ攻撃を仕掛けた。ウォードッグ隊はこのテロ対応に活躍したことで前線に送り返された。

11月7日にオーシアはユーク深部の弾薬備蓄施設や軍需工場群を攻撃し、14日、ユーク首都シーニグラードへ向けた大規模攻勢を開始した。これと同時にウォードッグ隊はシンファクシ級2番艦リムファクシ北極海ラーズグリーズ海峡にて独力で撃沈し、この出来事により以降「ラーズグリーズの悪魔」と呼ばれるようになった。11月25日、オーシア地上軍はジラーチ砂漠での地上決戦に勝利した。30日にノヴェンバー市での平和式典実施中に会場のスタジアムを大量のユーク軍機が襲撃し、8492飛行隊の工作により増援到着が遅れたことで、対応にあたっていたウォードッグ隊のうちの1機が撃墜されたが、それでもオーシアの士気は衰えなかった。12月6日にウォードッグ隊の航空支援の下、地上軍はシーニグラードへの玄関口にあるクルイーク要塞を突破した。

8492飛行隊はクルイーク要塞からの帰途についたウォードッグ隊を罠にかけて抹殺を試みた。これが失敗してウォードッグ隊が基地に帰還すると、灰色の男たちはウォードッグ隊にスパイ容疑をかけてオーシア軍に追わせたため、最終的にソロ島上空にてウォードッグの全機がオーシア軍機に撃墜された。強力な航空支援を失った地上軍の進撃はシーニグラード手前の市街地で停止し、表向きの戦況は膠着した。

ウォードッグ隊のメンバーは戦死しておらず、オーシア第3艦隊の空母ケストレルに救助されていた。ケストレルと旧ウォードッグ隊は独自に灰色の男たちの軍隊と交戦し、12月9日にハーリングを、23日にニカノールをそれぞれ幽閉されていた場所から救出した。開戦はニカノールの指示ではなく、ユークはニカノールを幽閉した軍事政権の支配下にあった。灰色の男たちはイエリング鉱山に隠していたV1核爆弾を運び出し、オーシアとユークに分配しようとしていたが、ハーリング大統領がウォードッグ隊を彼の直属部隊として再編させた「ラーズグリーズ戦闘機部隊」はこれを阻止するための作戦を行った。彼らはまずイエリング鉱山を破壊し、続けてユークに持ち込まれたV1の解体を行う学生レジスタンスを支援し、さらに灰色の男たちに乗っ取られてV1を搭載されていたアークバードを撃墜した。

ノースオーシア・グランダー社の社長が灰色の男たちのメンバーであり、さらに戦略核V2を搭載されたSOLGがスーデントールに所在するグランダー社本社から管制されていることが判明すると、12月30日、ラーズグリーズはスーデントールに向けて出撃した。同時に、ケストレルの部隊に奪還されたオーレッドにおいてハーリングとニカノールがテレビ演説を行い、戦争は陰謀であったこと、およびラーズグリーズ部隊を支援してほしいことを世界に伝えた。グランダー社本社の制圧は成功した。翌日、地上からの管制が中断されたSOLGは自動的にオーレッドへの落下軌道に入ったが、ラーズグリーズがこれをオーレッド湾上で破壊したため事なきを得た。

ラーズグリーズ戦闘機部隊に関連する諸情報は戦後も秘匿されていたが、2013年にハーリング大統領はすべての情報を2020年に公開することを命じた。

超大国化とユージア大陸への介入

登場作品

  • ACE COMBAT 5 - THE UNSUNG WAR
  • ACE COMBAT ZERO - THE BELKAN WAR
  • ACE COMBAT NORTHERN WINGS
  • ACE COMBAT 3D - CROSS RUMBLE
  • ACE COMBAT 3D - CROSS RUMBLE+
  • ACE COMBAT 7 - SKIES UNKNOWN

参照

脚注

出典

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 ACE COMBAT 5 - THE UNSUNG WAR 公式サイト WORLD WORLD NEWS FLONT LINE April,2004
  2. ACE COMBAT 5 - THE UNSUNG WAR 公式サイト WORLD NEWS FROM ABOVE Spring, 2009
  3. ACE COMBAT 5 - THE UNSUNG WAR 公式サイト WORLD FRONT LINE September, 2004
  4. ACE COMBAT 5 - THE UNSUNG WAR 公式サイト DOWNLOAD WALL PAPER File:Old Strangereal Map Wallpaper 1024x768.jpg
  5. ACES at WAR : A HISTORY 2019 p.012
  6. ACE COMBAT ZERO - THE BELKAN WAR 公式サイト World World News 22  "ベルカン・エアパワー" 第二部 pages 01, 02
  7. 7.0 7.1 7.2 7.3 7.4 ACE COMBAT 5 - THE UNSUNG WAR 公式サイト WORLD NEWS GAZE August, 2008
  8. エースコンバット5 ジ・アンサング・ウォー パーフェクトガイド p.237
  9. 9.0 9.1 9.2 エースコンバット5 ジ・アンサング・ウォー パーフェクトガイド p248 - 249
  10. 10.0 10.1 ACES at WAR : A HISTORY 2019 p.12 - 13
  11. 11.0 11.1 ACES at WAR : A HISTORY 2019 p.140
  12. ACE COMBAT 5 - THE UNSUNG WAR 公式サイト WORLD WORLD NEWS "ПОСЛЕДУЙТЕ September, 1991"
  13. 13.0 13.1 ACE COMBAT ZERO - THE BELKAN WAR SCENE VIEWER 02
  14. ACES at WAR : A HISTORY 2019 p038 - 039
  15. ACE COMBAT ZERO - THE BELKAN WAR CAMPAIGN #07 BASTION 「ハードリアン線攻略」
  16. ACE COMBAT ZERO - THE BELKAN WAR SCENE VIEWER 06
  17. ACE COMBAT ZERO - THE BELKAN WAR SCENE VIEWER 09
  18. ACE COMBAT ZERO - THE BELKAN WAR SCENE VIEWER 10
  19. ACE COMBAT 5 - THE UNSUNG WAR SCENE VIEWER #07/"WHITE BIRD [PART 1] #1"
  20. ACE COMBAT ZERO - THE BELKAN WAR ASSAULT RECORDS No.138
  21. エースコンバット・ゼロ ザ・ベルカンウォー パーフェクトガイドブック p.185
  22. ACE COMBAT 5 - THE UNSUNG WAR SCENE VIEWER #01/"PROLOGUE"
  23. AC04Web Usea News "Usea Today" Topic
  24. AC04Web Usea News "Our Science" Topic
  25. ACE COMBAT 6 - 解放への戦火 公式サイト もっと詳しく ACE6 ワールドニュース GAZE January 1, 1999
  26. ACE COMBAT 3D - CROSS RUMBLE スタート画面ムービー
  27. ACE COMBAT 6 - 解放への戦火 公式サイト もっと詳しく ACE6 ワールドニュース FRONT LINE February 26 , 2016
  28. ACE COMBAT 5 - THE UNSUNG WAR CAMPAIGN Mission 06 白い鳥I "WHITE BIRD(PART I)"
Advertisement