ACES WIKI
Advertisement
ACES WIKI
info
この記事のタイトルは当wiki独自の呼称です。
この出来事に公式の名前はついていません。公式の名前が判明した場合、タイトルは変更されます。

オーブリー基地防空戦は、オーレリア戦争前半期において、オーレリア空軍の最後の抵抗拠点であったオーブリー基地の上空で発生した空戦。同基地の無力化を目的としたレサス軍爆撃機部隊を同基地所属のグリフィス隊が迎撃し、これを全滅させたが、グレイプニルからの長距離攻撃によってグリフィス隊も過半数が失われた[1]

背景

2020年10月に始まったレサス民主共和国によるオーレリア連邦共和国への突然の侵攻は緒戦ではオーレリア軍の頑強な抵抗にあっていたが、レサス軍は空中要塞グレイプニルの実戦投入以降急速に進撃し、開戦から10日間でオーレリアの90%を占領下に置いていた[2][3]。オーブリー基地はオーレリア軍の最後に残った軍事施設であり、レサス空軍はプナ平原に急造したプナ基地から爆撃機部隊を出撃させてこれの無力化を試みた[1]

戦闘

衝撃波弾道弾の攻撃を受け壊滅するグリフィス隊

オーブリー基地は軍本部との連絡を絶たれており、基地司令官も行方不明の状態であったが、幸運にもレサス軍の攻撃を事前に察知することに成功した[4]。グリフィス隊から6機のF-4Eが出撃し、レーダー探知を避けるため山脈の陰に隠れてレサス軍部隊の後方へ機動。後方からの奇襲を受け、レサス軍部隊は一方的に壊滅した。なおこの戦闘中にレサス軍の爆撃機がオーブリー基地南西の市街地に対して爆撃を行った[1]

爆撃機部隊による攻撃の失敗を受け、レサス軍はプナ平原上空にいたグレイプニルから衝撃波弾道弾による長距離攻撃を実行。出撃していた6機のグリフィス隊所属機のうち4機が撃墜され、1機が損傷を受けた[1]

その後

グリフィス隊は壊滅的な打撃を受けたが、オーブリー基地の防衛に成功したことでここを拠点に反攻作戦を開始することができた。グレイプニルの攻撃を生き残ったグリフィス1は反攻作戦の中でとりわけ著しい戦果を上げていき、エースパイロットとしてオーレリア軍の反攻を支える存在となっていった。

レサスは衝撃波弾道弾の着弾の映像を撮影し、これをプロパガンダに利用した[2]。レサス軍は衝撃波弾道弾によってグリフィス隊ひいてはオーレリア空軍そのものが全滅したものと思い込んだため、この後のグリフィス隊による最初の反攻作戦(プナ基地奇襲)開始時に極度の混乱に陥ることとなった[5]

参照

脚注

出典

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 ACE COMBAT X - Skies of Deception Mission 01 "Skies of Deception"
  2. 2.0 2.1 ACE COMBAT X - Skies of Deception Scene 1
  3. ACE COMBAT Xi - Skies of Incursion エピローグ
  4. ACE COMBAT X - Skies of Deception 公式サイト WORLD ワールド・ニュース 「ユジーン・ソラーノ回顧録」前編02
  5. ACE COMBAT X - Skies of Deception Mission 02 "Out of the Fire"


Advertisement