ACES WIKI
Advertisement
ACES WIKI

カティーナ作戦(Opetation Katina)は大陸戦争後の2006年9月下旬に独立国家連合軍空軍(ISAF空軍)によって行われた旧エルジア軍残党勢力「自由エルジア」の鎮圧を目的とした軍事作戦である[1]

名称

カティーナはマルタ語で「鎖」。

背景

2005年9月19日に大陸戦争は終結したものの、エルジア空軍将校を中心とした残党勢力が武装解除要求を拒否、“FREE ERUSEA(自由エルジア)”と名乗り、日増しに抵抗の度合いを強めた。自由エルジアは大陸各地の残存勢力に徹底抗戦を呼び掛け、そして2006年9月下旬[注 1]には国連管理下の旧軍事工廠を襲撃、多数の兵器を強奪するまでに至った。これを受けてISAF空軍は特別討伐作戦の実施を決定。終戦後に退役したISAF空軍最強のエースパイロットであるメビウス1をカティーナ作戦の要として呼び戻し、空中管制機スカイアイと共に、調査により判明している自由エルジアの根拠地であるホワイトバレー湾の軍港島へ向けて出撃させた[1][2]

作戦の経過

メビウス1と自由エルジアはニューフィールド島[3]などユージア各地で戦闘を繰り広げ、メビウス1はついにホワイトバレー湾の軍港島に到達。自由エルジアの空母を含めた部隊に大打撃を与えた。自由エルジアはX-02Aで編成された部隊を投入してメビウス1の迎撃に当たらせたが全機が撃墜された。自由エルジアの中心メンバーはISAFによって身柄を拘束され、自由エルジアは壊滅し、カティーナ作戦は成功に終わった。また、前々から謎に包まれていたエルジアの無人戦闘機の開発データもISAFによって回収された[4]

戦闘の結果

自由エルジアの壊滅によって、終戦後続いた旧エルジア軍残党勢力とISAFとの戦闘は沈静化し、これによってエルジアは暫定自治政府の元で復興への道を歩き出した[4]。軍事同盟であったISAFもこうした状況に合わせる形で解散し、平和維持機能をIUNが引き継いだ[5]

自由エルジアは壊滅したが、完全に武装解除した訳ではなく、2014年まで小規模なテロ組織として存続した[6][7]

登場作品

ACE COMBAT 5 - THE UNSUNG WAR

参照

脚注

  1. 自由エルジアが蜂起した時期に関しては資料により差異と矛盾があり、エースコンバット5公式サイトに書かれたISAF Bulletinによれば9月24日時点でメビウス1が任務遂行中であるとしており、ACES at WAR:A HISTORYによれば9月20~29日の間とし、ACES at WAR:A HISTORY 2019によれば9月26日に自由エルジアが蜂起したとしている。

出典

  1. 1.0 1.1 ACE COMBAT 5 - THE UNSUNG WAR ARCADE ミッション前ムービー
  2. ACE COMBAT 5 - THE UNSUNG WAR 公式サイト WORLD NEWS FROM ABOVE ISAF Bulletin September,2006
  3. ACE COMBAT 5 - THE UNSUNG WAR ARCADE MISSION AREA[06-D]
  4. 4.0 4.1 ACE COMBAT 5 - THE UNSUNG WAR ARCADE MISSION AREA[07-A~D] ミッションクリア後ムービー
  5. ACE COMBAT 7 - SKIES UNKNOWN 公式サイト COLUMN #1 "OUR SCIENCE" Topic
  6. ACE COMBAT 7 - SKIES UNKNOWN VR Prologue
  7. ACE COMBAT 7 - SKIES UNKNOWN VR MISSION 01
Advertisement