日本語版Acepedia準備機構 Wiki
Advertisement
日本語版Acepedia準備機構 Wiki

ゲルト・フォクツ(Gerd Vogts)はベルカの軍人で、ベルカ戦争時のベルカ空軍のエースの一人である[1]

TACネーム

Glueckはドイツ語で「幸せ」。

略歴

1962年頃にベルカで生まれる。時期は不明だがベルカ空軍に入隊。過去12回の航空遭難事故を経験、生死に関わる事故も経験しながら、幾度となく生還した逸話は、所属した航空部隊では伝説と化している。ベルカ戦争ではサピン方面に配置され、1995年4月15日にアルロン地方の171号線上空で、171号線奪還(ローゼライン作戦)のため出撃してきたウスティオ空軍ガルム隊によって撃墜されるも生き残る。退役後は首都ディンズマルクで生活を営んでいる[1]

登場作品

ACE COMBAT ZERO - THE BELKAN WAR

参照

脚注

  1. 日本語表記は推測。

出典

  1. 1.0 1.1 ACE COMBAT ZERO - THE BELKAN WAR アサルトレコード No.005 ゲルト・フォクツ


Advertisement