日本語版Acepedia準備機構 Wiki
Advertisement
日本語版Acepedia準備機構 Wiki
スタウロス発射準備 イニシエート ローディング
― Chandelier Launch Room[1]

スタウロス(Stauros)はエストバキアが氷山砲台シャンデリア用に開発したミサイルコンテナ弾頭である[2][3]

名称

スタウロスはギリシャ語の聖書の用語で「苦しみの杭」という意味である。

概要

弾頭内部には巡航ミサイルを9発格納されており、スタウロスは目標地点手前までレールガンによる超高速飛翔を行った後に分散、各巡航ミサイルが個別に目標へと突入する[2]

歴史

エメリア・エストバキア戦争末期の2016年3月31日、エストバキア軍の占領下にあったエメリアの首都グレースメリアの奪還が行なわれた後、エストバキア軍は同日の夜にグレースメリアへの無差別攻撃に6発発射した。この攻撃はエメリア共和国空軍の活躍により全てのミサイルが撃墜された[2]。翌日の4月1日にシャンデリアの砲身の冷却が完了すると当時に再び使用された[3]

登場作品

ACE COMBAT 6 - 解放への戦火

出典

  1. ACE COMBAT 6 - 解放への戦火 Mission 15 シャンデリア攻落 -戦鬼吼ゆ最果てに-
  2. 2.0 2.1 2.2 ACE COMBAT 6 - 解放への戦火 Mission 14 グレースメリア哨戒任務 -街の灯の上空-
  3. 3.0 3.1 ACE COMBAT 6 - 解放への戦火 Mission 15 シャンデリア攻落 -戦鬼吼ゆ最果てに-
Advertisement