ACES WIKI

ACES WIKI は移動しました。ここは跡地です。 新しい WIKI は wiki.gg ドメインにホストされています。

もっと見る

ACES WIKI
Advertisement
ACES WIKI

デューク・オブ・エジンバラ級航空母艦はAHユニバースのイギリス海軍が保有する架空の航空母艦の艦級である[1]。命名基準はイギリス王族公爵位からである。

概要[]

デューク・オブ・エジンバラ級はアメリカのModel-35を運用するために建造された。しかしその開発の遅れから、ヘリやF-3Cを運用している[2]

構造[]

艦橋は甲板右舷にアイランド式のものが前部艦橋と後部艦橋に2分して設置され、前部艦橋は航海・艦隊指揮管制用設備、後部艦橋は航空管制・戦況分析設備となっている。各艦橋後方にエレベーターが配置されている。機関はガスタービンを使用している[1]

同型艦[]

1番艦 デューク・オブ・エジンバラ[1]

2番艦 デューク・オブ・ヨーク[2]

小ネタ[]

モデルは実在するイギリス海軍のクイーン・エリザベス級航空母艦で、クイーン・エリザベスと命名されたのはエースコンバット アサルト・ホライゾン マスターファイル ASF-X 震電IIの発売後(2012年3月21日)の2014年7月4日である。

また現実に同名の装甲巡洋艦の艦級が存在した。

出典[]

  1. 1.0 1.1 1.2 エースコンバット アサルト・ホライゾン マスターファイル ASF-X 震電II p084-085
  2. 2.0 2.1 エースコンバット アサルト・ホライゾン マスターファイル ASF-X 震電II p096
Advertisement