ACES WIKI
Advertisement
ACES WIKI

ホフヌング(Hoffnung)はベルカ南東部に位置する工業都市である[1]

名称

ホフヌングはドイツ語で「希望」。

概要

1995年当時は人口の7割が工場労働者である。「眠らない街」の異名を持ち、昼夜を問わず24時間稼動する生産設備によって、ベルカでも最大の工業生産能力を誇る[2]

地理

中心を川が流れ、その周りに多数の工場がある[1]

歴史

ベルカ連邦時代は南部の都市スーデントール(現オーシア領)と並ぶ工業都市としてベルカを支えた。

ベルカ戦争中の1995年6月1日に連合軍によるホフヌングの工場施設破壊を目的としたカニバル作戦が行われ、地上部隊と爆撃機部隊が投入された。当初は爆撃機は精密爆撃とされたが実際は無差別爆撃が行われ、さらにトマホーク巡航ミサイルまで撃ち込まれた。またベルカ軍による焦土作戦も同時に実施され街全体が炎で覆われ、民間人に多数の死傷者が出た[1]

登場作品

ACE COMBAT ZERO - THE BELKAN WAR

出典

  1. 1.0 1.1 1.2 ACE COMBAT ZERO - THE BELKAN WAR CAMPAIGN #11 THE INFERNO 「焔」
  2. ACE COMBAT ZERO - THE BELKAN WAR 公式サイト World GROUNDS ベルカ工業都市 ホフヌング
Advertisement