ACES WIKI

ACES WIKI は移動しました。ここは跡地です。 新しい WIKI は wiki.gg ドメインにホストされています。

もっと見る

ACES WIKI
Advertisement
ACES WIKI
info
この記事のタイトルは公式英語名から独自に推測した日本語表記です。
公式には英語名しか明かされていません。公式の日本語名が判明した場合、タイトルは変更されることがあります。

ラグーン作戦(Operation Lagoon)は2010年9月24日にオーシア国防空軍によって行われた、ランダース岬に領空侵犯した国籍不明(実際はユークトバニア)の高高度偵察機SR-71を強行着陸させることを目的とした作戦である[1]

名称[]

ラグーンは英語で「小さな沼、潟 礁湖」。

背景[]

2010年9月24日9時前、前日に引き続き国籍不明機がオーシア西部ランダース岬に領空侵犯した。オーシア側の警告にかかわらず領空侵犯を続行したため、オーシア沿岸防衛隊は地対空ミサイルを発射。ミサイルは偵察機に命中したが、撃墜には至っておらず、偵察機は洋上への離脱を始めた。国籍不明機を強行着陸させるため、サンド島空軍基地ウォードッグ隊は前日の生還者2人と地上待機していた2人が出撃した[1][注 1]

作戦の経過[]

11時1分、ウォードッグ隊はランダース岬南東のスタッフォードコーヴィナ上空で離脱を図る国籍不明のSR-71偵察機と接触。ウォードッグ隊3番機のダヴェンポート少尉(TACネーム:チョッパー)により無線交信で強制着陸を指示したが、その直後に西からMiG-21bis戦闘機で構成される複数の国籍不明機が飛来したため、ウォードッグ隊はSR-71をいったん差し置いてこれらにアプローチした。国籍不明のMiG-21bisは警告なくウォードッグ隊に攻撃を開始したため、ウォードッグ隊隊長のバートレット大尉はAWACSサンダーヘッドの発砲禁止命令にも関わらず部下たちに反撃を指示し、攻撃してきたMiG-21bisを全機撃墜した。なお戦闘中にSR-71は墜落した[1]

作戦参加者[]

オーシア国防空軍[]

  • ジャック・バートレット大尉(ウォードッグ・リーダー)
  • ケイ・ナガセ少尉(ウォードッグ2)
  • アルヴィン・H・ダヴェンポート少尉(ウォードッグ3)
  • ブレイズ(ウォードッグ4)

参加兵力[]

オーシア国防軍[]

ユークトバニア軍[]

  • ユークトバニア空軍
    • SR-71偵察機
    • 航空部隊(増援)

損害[]

ユークトバニア軍[]

損失航空機

  • SR-71偵察機 1機
  • MiG-21bis 4~16機
  • HAWK 1機

戦闘の結果[]

ウォードッグ隊は多数の国籍不明機を撃墜したものの、目標であった偵察機は墜落したため、所属を明らかにすることが出来なかった。

2日間に渡る国籍不明機の侵入経路はいずれもユークトバニアが位置する西方からだったため、オーシア側ではユークトバニアの関与が疑われた[2]。オーシア政府はランダース岬周辺の戦闘を一般報道させず、サンド島空軍基地では箝口令が出された。また発砲禁止にもかかわらず、交戦を許可したウォードッグ隊隊長のバートレット大尉は基地司令部へ出頭させられた[1]

またこの作戦は後に環太平洋戦争終結に貢献したエースパイロットであるブレイズの初陣でもあった。

登場作品[]

参照[]

脚注[]

  1. 前日に隊長のバートレット大尉は無茶をするナガセ少尉を2番機にすると決めており、地上待機していたブレイズアルヴィン・H・ダヴェンポート少尉はクジでポジションを決めた。

出典[]

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 ACE COMBAT 5 - THE UNSUNG WAR Mission 01 極西の飛行隊“SHOREBIRDS”
  2. ACE COMBAT 5 - THE UNSUNG WAR SCENE VIEWER #03/"SHOREBIRDS #2"
Advertisement