日本語版Acepedia準備機構 Wiki
Advertisement
日本語版Acepedia準備機構 Wiki

統合参謀本部(Joint Chiefs of Staff)はエメリア共和国軍の機関である[1]

歴史

エメリア・エストバキア戦争中の2016年2月、エストバキア軍の巡航ミサイル「ニンバス」のシステム解析結果から統合参謀本部は当該ミサイルシステム壊滅作戦を決定し、その足掛かりとしてカヴァリア空軍基地があるサン・ロマへ軍を向けた[1]。2月20日に重巡航管制機アイガイオンガルーダ隊が撃墜すると、ガルーダ隊へ賞賛の報を送った[2]。3月25日にはモロク砂漠戦車戦中にエストバキア軍が首都グレースメリアに対する焦土作戦を計画していることが判明したため、統合参謀本部は高度な戦略判断として全軍の前進命令を一時停止し[3]、翌日までに空軍による焦土作戦阻止策を受諾した[4]

登場作品

ACE COMBAT 6 - 解放への戦火

出典

  1. 1.0 1.1 ACE COMBAT 6 - 解放への戦火 Mission 08 サン・ロマ強襲 -弾幕下に奪う勝機- ブリーフィング
  2. ACE COMBAT 6 - 解放への戦火 Mission 09 重巡航管制機要撃 -南洋に巨影を屠る- デブリーフィング
  3. ACE COMBAT 6 - 解放への戦火 Mission 11 モロク砂漠戦車戦 -荒野に勝利は陰る- デブリーフィング
  4. ACE COMBAT 6 - 解放への戦火 Mission12 大量破壊兵器無力化 -凶禍隠す敵陣深く- ブリーフィング

小ネタ

同じ名称の機関として現実にアメリカ軍の統合参謀本部がある。また同じ英語表記の機関としてストレンジリアルオーシア参謀本部がある。

Advertisement