FANDOM


Standoff in the Skies II: Leasath Side is a World News article on the Ace Combat X: Skies of Deception ACES WEB site. It was written by a soldier on the Gleipnir, describing the events of Standoff in the Skies II.[1]

This, alongside Eugene Solano's Memoirs, confirmed that Standoff in the Skies II and Ice Bound were the canon mission variants during the Aurelian War.

English translation

1.

"The launchers of the SWBM have all been destroyed!" "Low power, altitude cannot be maintained!" "The sixth engine has ignited!"

A yell echoed inside of the bridge. At the same time as a fierce explosion, the giant Gleipnir vibrated violently. "The Nemesis ..." The words of Gleipnir Captain Frank Burlington, who muttered quietly, did not reach anyone's ear.

Burlington became a soldier to help the citizens of Leasath. An unstable situation has continued since the time of the long civil war of Leasath. Now that the civil war is over, if we can overcome the battle with Aurelia, it can bring a more decent life to the people of Leasath. However, the possibility of achieving that conviction was destroyed by a tiny aircraft. The Nemesis, an aircraft with the Southern Cross and the Gryphus emblem.

Neither optical camouflage nor SWBM had any effect on him. The Gleipnir ... by yourself, you can not beat him. I could no longer look away from that fact. However, I can not afford to end this way. With frustration, Burlington put his determination into words.


"HQ, I regret to inform we will not be able to complete the mission. It's time the Southern Cross saw the true power of Leasath! Prepare the Shock Cannon!"

Destroying Santa Elva using the Gleipnir's Shock Cannon... Attacking the general public ... attacking non-combatants. That's why our name will be sullied for future generations. I was entrusted with the hope of Leasath, Commander Navarro's Gleipnir.

That week, a week before Aurelia's invasion was notified to the entire army. Burlington, who was called to Navarro, was at the opening of the war. "Don't you want to save this country?" Burlington was overwhelmed by the word that confirmed his desire. Navarro's powerful voice dominated the rigid Burlington's consciousness. "To do that, we need to recover what has been robbed from us by Aurelia."

“Aurelia is exploiting Leasath, taking advantage of our civil war. To restore Leasath, you have to get back at them for this.”

Burlington did not believe the words that had been rumored since the end of the Civil War. "I thought that Aurelia was a friendly country." However, the rumor was coming out of the mouth of the hero Navarro who ended the Civil War. Commander Navarro vowed to avenge Aurelia, to himself, and to the Captain of the Gleipnir. I was inaugurated as Captain of the Gleipnir. To live up to that expectation, and to take back what Aurelia took away I have to let him know that the lives of civilians in filthy Aurelia are beneath me. But his own honor is far from the hindrance of this action.

Gleipnir began to fly to Santa Elva. "The distance between the city and the Gleipnir is about 10 miles!" The radio intercepted the voice of an Aurelian radio officer. Nemesis flew in from the front after attacking the Leasath support aircraft. Missiles were fired at the Shock Cannon, and those in the ship felt the explosion and the ship shake violently.

However, it was not fatal damage, and Nemesis avoided a collision with the Gleipnir. His course changed, and all of the escort aircraft were heading for Nemesis. "They will buy us time! Stay your course!" Burlington shouted. The city of Santa Elva projected on the screen grew in size. The countdown of Aurelian soldiers who were heard from the radio turned into a horrified gasp. "Two miles! One mile ...! No way ...! "

Gryphus against the Gleipnir

At that time, an explosion shook the Gleipnir. ... When I realized I was in awe - the support aircraft had disappeared from the air. The alert display starts blinking on the screen. The Shock Cannon was disabled. "No way ..." Burlington's eyes were nailed to the screen.

Gryphus's emblem, which made the last attack on the cannon, grinned at us. Its pilot mocked the huge airborne fortress Gleipnir - It was Nemesis.

The words of Navarro who said, "You are the commander of the Gleipnir," echoed in my mind. Burlington, who had lost all hope, spit out heartbreaking words. "I will deliver one final blow to the enemy, as commander of the Gleipnir... am I to be denied even that?!"

2. Diego Gaspar Navarro's private room

Gleipnir Portrait

"Call up the on-hold Alect Squadron in our home country!" After hearing a report from a close aide, the Leasath military commander Diego Navarro came to his senses. That's what he said. In the end, he said, it's all a matter of time before the end of our occupation. This is a very lucrative game. The fall of Gleipnir was unexpected, but we have to go forward regardless. I must. The flow of resources from the south of Aurelia was cut off, but such a thing is secondary to my plan. It's won't happen. From now on, our goal will be to do business with the whole world. I was honestly angry, but I had a stronger sense of expectation for the future from now on.

Shouldn't we thank the pilot Nemesis? If Gleipnir was attacking Santa Elva, that paints a bad picture in the eyes of the public. It was about to end. He prevented it. "My regret is that there are few good soldiers in Leasath." An accompaniment voiced a voice of consent to the words that came out.

Without waiting, the figures of the Alect Squadron, a group of elite pilots appeared on the screen. Let's prepare to put them in consideration of all the possibilities. Navarro opened his mouth openly to them. He said, "I hope to save Leasath, heroes who put an end to the civil war." While fully understanding what effects leaves have on them.

"Don't you want to fight with a pilot called Nemesis?" Yes... It's easy to make the other person feel that way. Stimulate their desires. Yes. The pilots on the screen brightened their faces so clearly. That's the same face a soldier assigned as captain of the Gleipnir had.

Original Japanese Text

【1】

~~グレイプニル艦橋~~

「SWBMの発射口が、すべて破壊されました!」 「出力低下、高度が保てません!」 「第6エンジンに引火しました!」

艦橋内を怒号が反響していた。激しい爆発音と同時に、グレイプニルの巨体を振 動が襲う。 「ネメシスめ…」 忌々しげにつぶやいたグレイプニル艦長フランク・バーリントンの言葉は、その 騒音にのまれ、 誰の耳に届くこともなかった。

レサスを救う。それこそが、バーリントンが軍人となった理由だった。 物心ついた時から不安定な情勢が続き、ついに長い内乱へと突入してしまった祖 国レサス。その内乱も終結した今、オーレリアとの戦いに打ち勝ちさえすれば、 レサス国民にもっとまともな生活をもたらすことができる。 だが、その信念に似た望みをかなえる術は、ちっぽけな機体によって打ち砕かれ ようとしていた。 南十字星とグリフィスのエンブレムをつけた機体、『ネメシス』に。

光学迷彩もSWBMも、奴には効果がなかった。グレイプニルでは…自分では、 奴に太刀打ちできない。もはや、その事実から目をそらすわけにはいかなかった。 だが、このままで終わるわけにはいかない。 苛立ちと共に、バーリントンは決意を言葉へと乗せた。 「―― 司令部、残念だが我々はここまでのようだ。星のエンブレムにレサスの力 を思い知らせてやる。ショックカノン発射準備!」

グレイプニルに唯一つ残されたショックカノンによる、サンタエルバへの無差別 攻撃。 一般市民…非戦闘員を攻撃する。そのことで、自分の名前が後世に渡って汚くの のしられてもかまわない。 自分はナバロ司令からグレイプニルを、レサスの希望を託されたのだ。

あの日、オーレリア侵攻が全軍に通達される一週間前。 ナバロに呼び出されたバーリントンは、開口一番こう言われていた。 「この国を救いたいとは思わないか」 自分の望みをストレートに突いたその言葉に、バーリントンは圧倒された。 ナバロの力強く通る声が、硬直したバーリントンの意識を支配した。 「そのためには、オーレリアに奪われたものを取り戻さなければならない」

“内乱に乗じて、オーレリアがレサスから搾取を行なっている” “レサスを復興させるには、それを取り戻さなければならない”

内乱末期から噂されていたその言葉を、バーリントンは信じていなかった。オー レリアはずっと、友好国だと思っていたのだから。 だが、内乱を終結に導いた英雄ナバロの口から出たことにより、それは噂から真 実へと昇華していた。 そしてナバロ司令は、オーレリアへの復讐を誓った自分に、グレイプニル艦長へ の就任を要請してくれた。「グレイプニルを頼む」と。 その期待に応えるためにも、そしてオーレリアに奪われたものを取り返すために も、ここで奴らに思い知らせなければならない。汚いオーレリアの民間人の命 も、自身の名誉も、この行動の妨げには到底なりえない。

グレイプニルが、サンタエルバへの軌道を取った。 「グレイプニルと都市との距離、約10マイルです!」 無線から、傍受したオーレリア通信士の声が聞こえる。 レサス機の攻撃をかいくぐり、正面からネメシスが飛来した。 正確にショックカノンへと放たれたミサイルが、爆発音と衝撃で艦内にいる者た ちを激しく揺さぶる。

だが、それは致命傷にはならず、ネメシスはグレイプニルとの衝突を避けて軌道 を変えた。レサス機の追撃により、グレイプニルから大きく距離をとる。レサス の護衛機すべてが、ネメシスへと向かっていた。 (奴らが時間を稼いでくれている間に! このまま!) バーリントンはただ、念じていた。 スクリーンに映し出されたサンタエルバの街が、大きくなっていく。 無線から聞こえていたオーレリア兵のカウントダウンが、悲痛な声へと変わって いく。 「あと、2マイル! 1マイル…! 駄目か…!」

Gryphus against the Gleipnir

その時、ひときわ大きな衝撃が、グレイプニルの巨体を揺らした。 …気がつくと、知らない間に、レサスの機体は空から姿を消していた。 スクリーンで、アラートの表示が点滅を始める。それは、ショックカノンが使用 不能になったことを告げていた。 (まさか…) バーリントンの目が、スクリーンに釘付けになった。

見つめる先で、最後の攻撃を行ったグリフィスのエンブレムが、一瞬、大きく映 し出されていた。 不敵な笑みを浮かべる猛禽類。 それはまさに、巨大空中要塞グレイプニルをあざ笑うパイロット…『ネメシス』 そのものだった。

「グレイプニルを頼む」そう言ってくれたナバロの言葉が、脳裏をよぎる。 そのすべての手段を奪われたバーリントンは、悲痛な思いを吐き出した。 「グレイプニルを任された者として、せめて、最後の一撃を…。 ――それさえも叶わないというのか!」

◆◆◆

…長く尾を引く艦長の言葉を残し、グレイプニルはその巨体をレナル河へと沈めた。 墜落によるサンタエルバへの被害は、限りなく0に近かった。 多くの人々はそれを奇跡だと言ったが、後に証言を求められたグレイプニルの搭乗 員自身が、それを否定した。 彼らは口をそろえてこう証言していた。 「ネメシスの動きが奇跡だったんだよ」

【2】 ~~ガイアスタワー:ナバロ私室~~

Gleipnir Portrait

「本国で待機中のアレクト隊を呼び出せ」 側近からの報告を聞き終わると、レサス軍司令官ディエゴ・ナバロはおもむろに そう言った。あわてて手配を始める側近を横目に、頭の中で今後の利益をはじき 出す。 グレイプニルの陥落は予想外だったが、そうなった以上は次の行動に移さなけれ ばいけない。 オーレリア南部からの資源の流れは断たれたが、そんなものは二次的なものでし かないのだ。 これからは、全世界を相手に商売を行う事になる。 正直腹立たしくもあったが、これからの期待感の方が強かった。

いや、そう考えると、むしろネメシスというパイロットには感謝をするべきか。 グレイプニルがサンタエルバを攻撃していれば、大切な商品に悪いイメージがつ いてしまうところだった。それを防いでくれたのだから。 「わがレサスの不幸は、優れた人材が少ないことにあるな」 口をついて出た言葉に、側近が同意の声を上げる。

待つまでもなく、スクリーン上にアレクト隊…ナバロ直属のパイロット部隊員た ちの姿が現れた。 すべての可能性を考慮して、彼らを投入する準備を進めておこう。 かしこまる彼らに対して、ナバロはおもむろに口を開いた。 『レサスを救う希望』、『内乱に終止符を打った英雄』と言われている自分の言 葉が、彼らにどのような効果をもたらすのかを十分に理解しながら。

「『ネメシス』というパイロットと戦ってみたいとは思わないか?」 そう。相手をその気にさせるなど簡単だ。その相手の望みを刺激してやればよ い。 スクリーン上のパイロットたちは、はっきりとわかるほど顔を輝かせた。 あの、グレイプニルの艦長に就かせてやった、生真面目な軍人と同じように。

~END~

References

  1. World News on the Ace Combat X website.
Community content is available under CC-BY-SA unless otherwise noted.